FANDOM


q-類似(きゅうるいじ、英: q-analog, q-analogue)とは、理論に q → 1 の極限で、元の理論に一致するように径数 q を導入するような拡張のことをいう。q-拡張(英: q-extension)などとも呼ばれる。

q数 編集

最も基本的な q-数 [n]q とは、自然数 nq-類似であって、q → 1 の極限で [n]qn となるように


 [n]_{q} := \frac{1-q^{n}}{1-q} = \sum_{k=0}^{n-1}q^{k}

と定義される。

q階乗 編集

またq-階乗 [n]q! は、q-数によって


 [n]_{q}! := \prod_{k=1}^{n}[k]_{q} = \frac{(q; q)_{n}}{(1-q)^{n}}

と定義される。ただし (q; q)n はqポッホハマー記号を表す。

このとき Snn 次の対称群inv(σ)置換 σ転倒数として、


 [n]_{q}! = \sum_{\sigma\in S_{n}}q^{\operatorname{inv}(\sigma)}

が成り立つ。これは q\to 1 の極限で、通常の階乗 n!n 個のものを並べる順列の総数を表すことに対応している。 また有限体 Fq 上の一般線型群 GL(n, q)位数


 \vert \operatorname{GL}(n, q) \vert = [n]_q!(q - 1)^nq^\binom{n}{2}

と表せる。

qポッホハマー記号 編集

数学において、qポッホハマー記号(q-Pochhammer symbol)はq-類似の数式に頻出する乗積を略記する記号である[1]

\begin{align}
&(a;q)_\infty=\prod_{k=0}^{\infty}(1-aq^k)\\
&(a;q)_n=\frac{(a;q)_\infty}{(aq^n;q)_\infty}\\
\end{align}

|q|<1の仮定が普通であり、実用上、n整数であることが多い。nが整数である場合は

(a;q)_n=\begin{cases}
\displaystyle\prod_{k=0}^{n-1}(1-aq^k)&n>0\\
1&n=0\\
\displaystyle\prod_{k=n}^{-1}\frac{1}{(1-aq^k)}&n<0\\
\end{cases}

となる。m,nが整数であり、a=q^{-m}であるとき、0{\le}m<nであれば(q^{-m};q)_n=0であり、n{\le}m<0であれば(q^{-m};q)_nである。

更なる略記 編集

基底(base)が文字qである場合は省略することがある。

\begin{align}
&(a)_n=(a;q)_n\\
&(q)_n=(q;q)_n\\
\end{align}

複数のqポッホハマー記号が並ぶときは合成することがある。

\begin{align}
&(a,b,c)_n=(a,b,c;q)_n=(a;q)_n(b;q)_n(c;q)_n\\
\end{align}

変換式 編集

以下の変換式が成立する。

\begin{align}(aq^{-n+1};q)_n
&=\prod_{k=0}^{n-1}(1-aq^{-n+1+k})\\
&=(-a)^nq^{-n(n-1)/2}\prod_{k=0}^{n-1}\left(1-\frac{q^{n-1-k}}{a}\right)\\
&=(-a)^nq^{-n(n-1)/2}\prod_{k=0}^{n-1}\left(1-\frac{q^{k}}{a}\right)\qquad(n-1-k{\mapsto}n)\\
&=(-a)^nq^{-n(n-1)/2}\left(\dfrac{1}{a};q\right)_n\\
\end{align}

q二項係数 編集

q-二項係数は、二項係数q-類似で、


\binom{n}{k}_{q}:=\frac{[n]_{q}!}{[n-k]_{q}![k]_{q}!}

によって定義される。q素数のべきのとき、q-二項係数は有限体 Fq 上の n 次元線型空間内における k 次元部分空間の数に等しい。

より一般に q-多項係数は n = k1 + … + km のとき


 \binom{n}{k_1, \cdots, k_m}_q = \frac{[n]_q!}{[k_1]_q! \cdots [k_m]_q!}

によって定義されるスクリプトエラー。 このとき


 \binom{n}{k_1, \cdots, k_m}_q = \binom{n}{k_1}_q \binom{n - k_1}{k_2}_q \cdots \binom{n - k_1 - \dotsb - k_{m - 1}}{k_m}_q

 \binom{n}{k}_q = \binom{n - 1}{k}_q + q^{n - k}\binom{n - k}{k - 1}_q

のようなよく知られた等式の類似が成り立つ。

q二項定理 編集

数学において、q二項定理(q-binomial theorem)は二項定理のq-類似である[1]超幾何級数 _1F_0の和は通常の二項定理

_1F_0(a;z)=F(a,b,b;z)=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a)_n}{(1)_n}z^n=(1-z)^{-a}\qquad(|z|<1)

で与えられる。これに倣い、q超幾何級数_1\phi_0の和を与える公式

_1\phi_0\left[\begin{matrix}a\\-\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n=\frac{(az;q)_\infty}{(z;q)_\infty}\qquad(|q|<1,|z|<1)

をq二項定理と呼ぶ。ただし、(a)_nポッホハマー記号(a;q)_nはqポッホハマー記号である。

証明 編集

右辺を\ f(a,z;q)として関数方程式を導く。

\begin{align}(1-z)f(a,z;q)
&=(1-z)\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n\\
&=\left(1+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n\right)-z\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n\\
&=1+\sum_{n=1}^{\infty}\left(\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n-z\frac{(a;q)_{n-1}}{(q;q)_{n-1}}z^{n-1}\right)\\
&=1+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(a;q)_{n-1}}{(q;q)_n}\left((1-aq^{n-1})z^n-(1-q^n)z^n\right)\\
&=1+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(a;q)_{n-1}}{(q;q)_n}\left((1-aq^{n-1})q^nz^n-a(1-q^n)q^{n-1}z^n\right)\\
&=1+\sum_{n=1}^{\infty}\left(\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}(qz)^n-az\frac{(a;q)_{n-1}}{(q;q)_{n-1}}(qz)^{n-1}\right)\\
&=\left(1+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}(qz)^n\right)-az\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}(qz)^n\\
&=(1-az)\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}(qz)^n\\
&=(1-az)f(a,qz;q)
\end{align}

これにより、左辺を得る。

\begin{align}f(a,z;q)
&=\frac{1-az}{1-z}f(a,qz;q)\\
&=\lim_{n\to\infty}\frac{(1-az)_n}{(1-z)_n}f(a,q^nz;q)\\
&=\frac{(1-az)_\infty}{(1-z)_\infty}f(a,0;q)\\
&=\frac{(1-az)_\infty}{(1-z)_\infty}\\
\end{align}

別証明 編集

左辺を\ g(a,z;q)として関数方程式を導く。

\begin{align}(1-z)g(a,z;q)
&=(1-z)\prod_{n=0}^{\infty}\frac{1-azq^n}{1-zq^n}\\
&=(1-z)\frac{1-az}{1-z}\prod_{n=1}^{\infty}\frac{1-azq^n}{1-zq^n}\\
&=(1-az)\prod_{n=0}^{\infty}\frac{1-aqzq^n}{1-qzq^n}\\
&=(1-az)g(a,qz;q)\\
\end{align}

g(a,z;q)テイラー級数に展開してz^nの係数を比較すると

\begin{align}
&g(a,qz;q)=\sum_{n=0}^{\infty}c_nz^n\\
&(1-z)\sum_{n=0}^{\infty}c_nz^n=(1-az)\sum_{n=0}^{\infty}c_n(qz)^n\\
&1+\sum_{n=1}^{\infty}(c_n-c_{n-1})z^n=1+\sum_{n=1}^{\infty}(c_n-ac_{n1})(qz)^n\\
&c_n-c_{n-1}=c_nq^n-ac_{n-1}q^{n-1}\\
&c_n=\frac{1-aq^{n-1}}{1-q^n}c_{n-1}\\
\end{align}

となり、c_0=1であるから

c_n=\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}

となる。これにより、右辺を得る。

g(a,z;q)=\sum_{n=0}^{\infty}c_nz^n=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n

コーシーの二項定理 編集

コーシーの二項定理はq二項定理の特殊な場合である[2]

\sum_{n=0}^{N}y^nq^{n(n+1)/2}\begin{bmatrix}N\\n\end{bmatrix}_q=\prod_{k=1}^{N}\left(1+yq^k\right)\qquad(|q|<1)

ただし、

\begin{bmatrix}N\\n\end{bmatrix}_q

はq二項係数である。q二項定理にa=q^{-N},z=-q^{N+1}yを代入すると

\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(q^{-N};q)_n}{(q;q)_n}(-q^{N+1}y)^n=\frac{(-qy;q)_\infty}{(-q^{N+1}y;q)_\infty}=\prod_{k=0}^{\infty}\frac{1+yq^{1+k}}{1+yq^{N+1+k}}

となるが、左辺はn>N(q^{-N};q)_n=0となり、右辺はk{\ge}Nの分子がk-Nの分母を打ち消す。従って、

\sum_{n=0}^{N}\frac{(q^{-N};q)_n}{(q;q)_n}(-q^{N+1}y)^n=\prod_{k=0}^{N-1}\frac{1+yq^{1+k}}{1+yq^{N+1+k}}=\prod_{k=1}^{N}\left(1+yq^{k}\right)

である。左辺はqポッホハマー記号の変換式(aq^{-n+1};q)_n=(-a)^nq^{-n(n-1)/2}\left(a^{-1};q\right)_nにより、

\begin{align}\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(q^{-N};q)_n}{(q;q)_n}(-q^{N+1}y)^n
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(q^{-N+n-1}q^{-n+1};q)_n}{(q;q)_n}(-1)^nq^{n(N+1)}y^n\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(-q^{-N+n-1})^nq^{-n(n-1)/2}(q^{N-n+1};q)_n}{(q;q)_n}(-1)^nq^{n(N+1)}y^n\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(-1)^nq^{-n(N+1)}q^{n(n+1)/2}(q^{N-n+1};q)_n}{(q;q)_n}(-1)^nq^{n(N+1)}y^n\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{y^nq^{n(n+1)/2}(q^{N-n+1};q)_n}{(q;q)_n}\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{y^nq^{n(n+1)/2}(q;q)_N}{(q;q)_{N-n}(q;q)_n}\\
&=\sum_{n=0}^{N}y^nq^{n(n+1)/2}\begin{bmatrix}N\\n\end{bmatrix}_q\\
\end{align}

となる。

q微分 編集

q-微分は微分q-類似で、任意の関数 ƒ(x) について q-微分を


 d_q(f(x)) = f(qx) - f(x)

によって定義する。さらに導関数q-類似である q-導関数は


 D_q(f(x)) = \frac{d_q(f(x))}{d_q(x)} = \frac{f(qx) - f(x)}{(q - 1)x}

によって定義される[3]

q三角関数 編集

qガンマ関数 編集

q超幾何級数 編集

数学において、q超幾何級数(qちょうきかきゅうすう、q-hypergeometric series)は超幾何級数のq-類似である。q超幾何級数は

\begin{align}
&_r\phi_s\left[\begin{matrix}a_1,a_2,\dots,a_r\\b_1,b_2,\dots,b_s\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a_1;q)_n(a_2;q)_n\dots(a_r;q)_n}{(b_1;q)_n(b_2;q)_n\dots(b_s;q)_n(q;q)_n}\left((-1)^nq^{n(n-1)/2}\right)^{s+1-r}z^n\\
&_r\psi_s\left[\begin{matrix}a_1,a_2,\dots,a_r\\b_1,b_2,\dots,b_s\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a_1;q)_n(a_2;q)_n\dots(a_r;q)_n}{(b_1;q)_n(b_2;q)_n\dots(b_s;q)_n}\left((-1)^nq^{n(n-1)/2}\right)^{s-r}z^n\\
\end{align}

の形式で表される級数[4]であるが、中でも

\begin{align}
&_r\phi_{r-1}\left[\begin{matrix}a_1,a_2,\dots,a_r\\b_1,b_2,\dots,b_{r-1}\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a_1;q)_n(a_2;q)_n\dots(a_r;q)_n}{(b_1;q)_n(b_2;q)_n\dots(b_{r-1};q)_n(q;q)_n}z^n\\
&_r\psi_r\left[\begin{matrix}a_1,a_2,\dots,a_r\\b_1,b_2,\dots,b_{r}\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a_1;q)_n(a_2;q)_n\dots(a_r;q)_n}{(b_1;q)_n(b_2;q)_n\dots(b_r;q)_n}z^n\\
\end{align}

が多く研究されている。但し、

\begin{align}
&(x;q)_0=1\\
&(x;q)_n=\prod_{k=0}^{n-1}(1+xq^k)\\
\end{align}

はqポッホハマー記号である。なお、厳密にいうと、右辺の級数がq超幾何級数であり、左辺の記号は級数の和によって定義されるq超幾何関数を表すものである。


q超幾何級数の和公式 編集

ハイネの和公式 編集

ハイネの和公式(Heine's summation formula)はガウスの超幾何定理のq-類似である[5]

_2\phi_1\left[\begin{matrix}a,b\\c\end{matrix};q,\frac{c}{ab}\right]=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(c;q)_n(q;q)_n}\left(\frac{c}{ab}\right)^n=\frac{\left(\frac{c}{a};q\right)_\infty\left(\frac{c}{b};q\right)_\infty}{\left(c;q\right)_\infty\left(\frac{c}{ab};q\right)_\infty}

ハイネの変換式(Heine's transformation)はq超幾何級数に関わる恒等式である。

_2\phi_1\left[\begin{matrix}a,b\\c\end{matrix};q,z\right]=\frac{(b;q)_\infty(az;q)_\infty}{(c;q)_\infty(z;q)_\infty}{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}\frac{c}{b},z\\az\end{matrix};q,b\right]

但し、(a;q)_nはqポッホハマー記号である。

証明 編集

ハイネの変換式はq二項定理から導かれる。

\begin{align}_2\phi_1\left[\begin{matrix}a,b\\c\end{matrix};q,z\right]
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(q;q)_n(c;q)_n}z^n\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n(b;q)_\infty(cq^n;q)_\infty}{(q;q)_n(c;q)_\infty(bq^n;q)_\infty}z^n\\
&=\frac{(b;q)_\infty}{(c;q)_\infty}\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}\left(\frac{(cq^n;q)_\infty}{(bq^n;q)_\infty}\right)z^n\\
&=\frac{(b;q)_\infty}{(c;q)_\infty}\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}\left(\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m}(bq^n)^m\right)z^n\\
&=\frac{(b;q)_\infty}{(c;q)_\infty}\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m}\left(\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}(zq^m)^n\right)b^m\\
&=\frac{(b;q)_\infty}{(c;q)_\infty}\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m}\left(\frac{(azq^m;q)_\infty}{(zq^m;q)_\infty}\right)b^n\\
&=\frac{(b;q)_\infty}{(c;q)_\infty}\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{b};q)_m(z;q)_m(az;q)_\infty}{(q;q)_m(az;q)_m(z;q)_\infty}\\
&=\frac{(b;q)_\infty(az;q)_\infty}{(c;q)_\infty(z;q)_\infty}{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}\frac{c}{b},z\\az\end{matrix};q,b\right]\\
\end{align}

ハイネの和公式はハイネの変換式にz=\tfrac{c}{ab}を代入することにより得られる。

\begin{align}_2\phi_1\left[\begin{matrix}a,b\\c\end{matrix};q,\frac{c}{ab}\right]
&=\frac{(b;q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}{(c;q)_\infty(\frac{c}{ab};q)_\infty}{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}\frac{c}{b},\frac{c}{ab}\\\frac{c}{b}\end{matrix};q,b\right]\\
&=\frac{(b;q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}{(c;q)_\infty(\frac{c}{ab};q)_\infty}\left(\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{b};q)_n(\frac{c}{ab};q)_n}{(q;q)_n(\frac{c}{b};q)_n}b^n\right)\\
&=\frac{(b;q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}{(c;q)_\infty(\frac{c}{ab};q)_\infty}\left(\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{ab};q)_n}{(q;q)_n}b^n\right)\\
&=\frac{(b;q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}{(c;q)_\infty(\frac{c}{ab};q)_\infty}\left(\frac{(\frac{c}{a};q)_\infty}{(b;q)_\infty}\right)\\
&=\frac{(\frac{c}{a};q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}{(c;q)_\infty(\frac{c}{ab};q)_\infty}\\
\end{align}

ラマヌジャンの和公式 編集

ラマヌジャンの和公式(ラマヌジャンのわこうしき、Ramanajan's summation formula)はq超幾何級数{_1\psi_1}の和を与える公式である[6]

{_1\psi_1}\left[\begin{matrix}a\\b\end{matrix};q,z\right]=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_\infty\left(\frac{q}{az};q\right)_\infty\left(\frac{b}{a};q\right)_\infty}{(z;q)_\infty(b;q)_\infty\left(\frac{b}{az};q\right)_\infty\left(\frac{q}{a};q\right)_\infty}\qquad(|q|<1,|b/a|<|z|<1)
証明 編集

ラマヌジャンの和公式はq二項定理から導かれる。nが負の整数であれば

\frac{1}{(q;q)_n}=\frac{1}{\displaystyle\prod_{k=n}^{-1}\frac{1}{(1-q^{1+k})}}=\prod_{k=n}^{-1}(1-q^{1+k})=0\qquad(-n\in\mathbb{N})

であるから、q二項定理は

\frac{(az;q)_\infty}{(z;q)_\infty}=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n

と書ける。kを任意の正の整数として

\begin{align}\frac{(az;q)_\infty}{(z;q)_\infty}
&=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q;q)_n}z^n\\
&=\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_{n+k}}{(q;q)_{n+k}}z^{n+k}\\
&=\frac{(a;q)_k}{(q;q)_k}z^k\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(aq^k;q)_n}{(q^{1+k};q)_n}z^n\\
\end{align}

であるから

\begin{align}\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(aq^k;q)_n}{(q^{1+k};q)_n}z^{n}
&=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_k}{(z;q)_\infty(a;q)_k}z^{-k}\\
&=\frac{(az;q)_k(aq^kz;q)_\infty(q;q)_k}{(z;q)_\infty(a;q)_k}z^{-k}\\
&=\frac{(az;q)_k(aq^kz;q)_\infty(q;q)_\infty}{(z;q)_\infty(a;q)_k(q^{1+k};q)_\infty}z^{-k}\\
&=\frac{(aq^kz;q)_\infty(q;q)_\infty(aq^kq^{-k}z;q)_k}{(z;q)_\infty(q^{1+k};q)_\infty(aq^kq^{-k};q)_k}z^{-k}\\
\end{align}

である。aq^kaと書き、qポッホハマー記号の変換式

\left(aq^{-n};q\right)_n=\left(-\frac{a}{q}\right)^nq^{-n(n-1)/2}\left(\frac{q}{a};q\right)_n

により

\begin{align}\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(q^{1+k};q)_n}z^{n}
&=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_\infty(aq^{-k}z;q)_k}{(z;q)_\infty(q^{1+k};q)_\infty(aq^{-k};q)_k}z^{-k}\\
&=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_\infty\left(\frac{q}{az};q\right)_k}{(z;q)_\infty(q^{1+k};q)_\infty\left(\frac{q}{a};q\right)_k}\\
&=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_\infty\left(\frac{q}{az};q\right)_\infty\left(\frac{q^{1+k}}{a};q\right)_\infty}{(z;q)_\infty(q^{1+k};q)_\infty\left(\frac{q^{1+k}}{az};q\right)_\infty\left(\frac{q}{a};q\right)_\infty}\\
\end{align}

となり、q^{1+k}bと書き、

\begin{align}\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}
&=\frac{(az;q)_\infty(q;q)_\infty\left(\frac{q}{az};q\right)_\infty\left(\frac{b}{a};q\right)_\infty}{(z;q)_\infty(b;q)_\infty\left(\frac{b}{az};q\right)_\infty\left(\frac{q}{a};q\right)_\infty}\qquad(b=q^k,k\in\mathbb{N})\\
\end{align}

となる。さて、左辺は

\begin{align}\sum_{n=-\infty}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(a;q)_{-n}}{(b;q)_{-n}}z^{-n}\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{(bq^{-n};q)_n}{(aq^{-n};q)_n}z^{-n}\\
&=\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n}{(b;q)_n}z^{n}+\sum_{n=1}^{\infty}\frac{\left(\frac{q}{b};q\right)_n}{\left(\frac{q}{a};q\right)_n}\left(\frac{b}{az}\right)^n\\
\end{align}

であるから、|q|<1,|z|<1,|b|<|az|,|b|<1,|a|>|q|で収束する。従って、両辺ともbの関数として考えればb=0正則であり、b=q^k\to0で両辺が一致するから一致の定理により大局的にも一致する。

qザールシュッツの和公式 編集

qザールシュッツの和公式(q-Saalschütz summation formula)はザールシュッツの定理のq-類似であり、q超幾何級数{_3\phi_2}の和を与える公式である[7]

{_3\phi_2}\left[\begin{matrix}a,b,q^{-n}\\c,\frac{ab}{c}q^{-n+1}\end{matrix};q,q\right]=\frac{(\frac{c}{a};q)_n(\frac{c}{b};q)_n}{(\frac{c}{ab};q)_n(c;q)_n}

但し、(a;q)_nはqポッホハマー記号である。

証明 編集

qザールシュッツの和公式はハイネの変換式から導かれる。ハイネの変換式を反復すると

\begin{align}{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}a,b\\c\end{matrix};q,z\right]
&=\frac{(b;q)_\infty(az;q)_\infty}{(c;q)_\infty(z;q)_\infty}
{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}z,\frac{c}{b}\\az\end{matrix};q,b\right]\\
&=\frac{(b;q)_\infty(az;q)_\infty}{(c;q)_\infty(z;q)_\infty}\cdot
\frac{(\frac{b}{c};q)_\infty(bz;q)_\infty}{(az;q)_\infty(b;q)_\infty}
{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}b,\frac{abz}{c}\\bz\end{matrix};q,\frac{c}{b}\right]\\
&=\frac{(b;q)_\infty(az;q)_\infty}{(c;q)_\infty(z;q)_\infty}\cdot
\frac{(\frac{b}{c};q)_\infty(bz;q)_\infty}{(az;q)_\infty(b;q)_\infty}\cdot
\frac{(\frac{abz}{c};q)_\infty(c;q)_\infty}{(bz;q)_\infty(\frac{c}{b};q)_\infty}
{_2\phi_1}\left[\begin{matrix}\frac{c}{b},\frac{c}{a}\\c\end{matrix};q,\frac{abz}{c}\right]\\
&={_2\phi_1}\left[\begin{matrix}\frac{c}{a},\frac{c}{b}\\c\end{matrix};q,\frac{abz}{c}\right]\frac{(\frac{abz}{c};q)_\infty}{(z;q)_\infty}\\
\end{align}

となり、q二項定理を用いて

\begin{align}{_2\phi_1}\sum_{n=0}^{\infty}\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(q;q)_n(c;q)_n}z^n
&=\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{a};q)_m(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m(c;q)_m}\left(\frac{abz}{c}\right)^m\sum_{k=0}^{\infty}\frac{(\frac{ab}{c};q)_k}{(q;q)_k}z^k\\
\end{align}

となる。z^nの係数を比べると

\begin{align}\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(q;q)_n(c;q)_n}
&=\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{a};q)_m(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m(c;q)_m}\left(\frac{ab}{c}\right)^m\frac{(\frac{ab}{c};q)_{n-m}}{(q;q)_{n-m}}\\
&=\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{a};q)_m(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m(c;q)_m}\left(\frac{ab}{c}\right)^m\frac{(\frac{ab}{c};q)_n(q^{1+n-m};q)_{m}}{(q;q)_n(\frac{ab}{c}q^{n-m};q)_{m}}
\end{align}

であるが、qポッホハマー記号の変換式(aq^{-m+1};q)_m=(-a)^mq^{-m(m-1)/2}\left(a^{-1};q\right)_mを用いて、

\begin{align}
&\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(q;q)_n(c;q)_n}=\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{a};q)_m(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m(c;q)_m}\frac{(\frac{ab}{c};q)_n(q^{-n};q)_{m}}{(q;q)_n(\frac{c}{ab}q^{-n+1};q)_{m}}q^m\\
&\frac{(a;q)_n(b;q)_n}{(\frac{ab}{c};q)_n(c;q)_n}=\sum_{m=0}^{\infty}\frac{(\frac{c}{a};q)_m(\frac{c}{b};q)_m}{(q;q)_m(c;q)_m}\frac{(q^{-n};q)_{m}}{(\frac{c}{ab}q^{-n+1};q)_{m}}q^m
={_3\phi_2}\left[\begin{matrix}\frac{c}{a},\frac{c}{b},q^{-n}\\c,\frac{c}{ab}q^{-n+1}\end{matrix};q,q\right]
\end{align}

を得る。a,b\tfrac{c}{a},\tfrac{c}{b}に置き換えて

{_3\phi_2}\left[\begin{matrix}a,b,q^{-n}\\c,\frac{ab}{c}q^{-n+1}\end{matrix};q,q\right]=\frac{(\frac{c}{a};q)_n(\frac{c}{b};q)_n}{(\frac{c}{ab};q)_n(c;q)_n}

を得る。

関連項目 編集

出典 編集

  1. Wolfram Mathworld: q-Binomial Theorem
  2. Wolfram Mathworld: Cauchy Binomial Theorem
  3. FUNCTIONS q-ORTHOGONAL WITH RESPECT TO THEIR OWN ZEROS, LUIS DANIEL ABREU, Pre-Publicacoes do Departamento de Matematica Universidade de Coimbra, Preprint Number 04–32
  4. Wolfram Mathworld: q-Hypergeometric Function
  5. Wolfram Mathworld: q-Hypergeometric Function
  6. Kim (2006), Transformations of Ramanujan's Summation Formula and its Application
  7. Wolfram Mathworld: q-Saalschütz Sum

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki