FANDOM


双子素数とは、奇数aと、aの次に大きい奇数b(言い換えると a + 2)がお互いに素数であることを指す。例えば、3 , 5, 7および 11, 13は双子素数である。

問題 編集

素数が無限個あるのは証明済みであるが、しかし双子素数が無限個あるかどうかは、未だに証明されていない。ただ、素数の逆数の総和が発散することと対照的に、双子素数の逆数の総和は収束し、その値はブルン定数と呼ばれる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki