FANDOM


歴史から見た数論

数論は,日常の計算における通常の操作の程度を超えた性質を研究する学問として位置づけられている.

現代数論の創始者としてあげられる数学を研究した過去の人物は,フェルマー,オイラー,ラグランジュ,ルジャンドル,ガウスが主である.

ガウス以降の数学の研究により,高度な推論を必要とする問題が多発し,数学は所謂世間から遠退いた,限られた領域の学問へと為し遂げられた.