FANDOM


ピザの定理 (Pizza theorem) とは、円の内部の任意の点Pから、中心角が等角度となるように8,12,16,...個(8以上の4の倍数)の点Pから円周上の点への線分によって分割する時に、隣り合わない領域の部分の面積の和は等しい、という定理である[1][2]

出典 編集

  1. ピザの定理 - 冬の数学日記
  2. Pizza Theorem - MathWorld

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki