FANDOM


ヒュッケル分子軌道法とは、ドイツのエーリッヒ・ヒュッケルによって導入された最も単純化された分子軌道法で、π電子共役系に対して定性的によく実際の事象を説明している。

ヒュッケル分子軌道法は線形結合法に以下の近似を導入している。

  • 重なり積分の値は同じ原子軌道同士では1、異なる原子軌道の間では0
  • クーロン積分の値は同じ種類の原子では同じ値をとる
  • 共鳴積分は結合を持たない原子間で0,結合を持つ原子間で同じ値

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki