FANDOM


n番目のタクシー数 (Taxicab number) は、2つの正の立方数の和としてn通りに表記できる最小の数であり、Ta(n) と書かれる[1]。この数の名称は、ハーディー・ラマヌジャン数 Ta(2) = 1729 における逸話(記事参照)が由来である。

大学入試問題への出題 編集

一橋大学の入試問題(2009年前期)に、

2以上の整数 m,n は m^3 + 1^3 = n^3 + 10^3 を満たす。m,n を求めよ。

という問題が出題された[2]



出典 編集

  1. Taxicab Number - MathWorld
  2. 伝説の入試問題(数学)について

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki